私的

 




SaaS
ソフトウェアをサービスとして提供するソフトウェア販売の新しい形。
具体的には従来のライシングという形でパッケージソフトを販売し収入を得るのではなくソフトウェア機能をインターネットを通じでサービスとして提供し、月額使用量を言うような形で収入を得る事業モデルである。

PaaS
インターネットを利用したコンピュータの新しい利用形態の一つ。
ソフト輪エアを構築および稼動させるための土台となるプラットフォームをインターネット経由のサービスとして提供する。
具体的にはインフラ、DBMS、ユーザーインターフェイスなどのシステム開発手段となるツールや、開発したシステムを運用するための環境をインターネットを通じてサービスとして提供し、月額使用料等の形で収入を得る事業モデルである。
SaaSでは、既成またはカスタマイズしたソフトウェアをインターネット経由でサービス
として利用できる形態であったのにたいし、さらにユーザのシステムを稼動させることも出来るプラットフォーム自体をインターネット経由でサービスとして利用できる形態である。

IaaS
クラウドコンピューティングサービスの一種類または一要素としてSaaSやPaaSに並ぶものとされ、PaaSの発展系ともされる。
IaaSは当初、HaaSとも呼ばれていた。
HaaSは単なるハードウェアリソースのインターネット経由のサービスとして提供される場合もある。
IaaSは仮想化されたプラットフォーム等のコンピュータ基盤をインターネット経由のサービスとして、提供するものである。
提供される「仮想化された基盤のスタック」は、サービス化の潮流の一例であり、多くの特色を持つ。
ユーザーはサーバやソフトウェアやデータセンターのスペース等を自分で購入する代わりに、完全にアウトソースされたサービスとして購入する。
そのサービスは典型的にはユーティリティ・コンピューティングをベースとして、利用レベルに応じた従量制で課金される。
それはウェブホスティングやサーバ仮想化の進化系である。

ASP
アプリケーションサービスプロバイダの略。
一般に用いる場合、事業者をさす言葉であることが多く業務用のアプリケーションソフトをネットワークを利用して、顧客にレンタルする事業者あるいはサービスをさす。
利用者はインターネットに接続された環境で、ブラウザソフトお使ってASP事業者のサーバにアクセスし、ASP事業者から提供される各種アプリケーションソフトを利用する。

アフィリエイト・サービス・プロバイダの略
インターネットを中心に成果報酬型の広告を配信するサービスプロバイダで略してASPと呼ばれる。

.htaccsess
Apacheを用いたWebサーバに多いて、ディレクトリ単位で設置および設定を行える設定ファイル。
Apacheではhttpd.confという設定ファイルでApacheの設定を行うが、Webサーバの要となる設定ファイルであるため、Webサーバの管理者でないと設定を変更することが出来ない。
.htaccessはhttpd.confで.htaccessの利用を許可している場合、Webサーバ管理者のみならず、ウェブサイトの管理者レベルでApacheの一部設定を行えるようにしたものである。
.htaccessを特定のディレクトリに設置すると.htaccess内に記述された内容が設置されたディレクトリとその仮想のディレクトリに対して適応される。
また、仮想ディレクトリの設定が上層ディレクトリと設定が矛盾した場合は仮想ディレクトリ側の設定が優先される。

Basic認証
Httpで定義される認証方式の一つ。
Basic認証ではユーザ名とパスワードの組をコロンでつなぎ、Basic64でエンコードして送信する。
このため盗聴や改竄が簡単であるという欠点を持つが、ほぼ全てのWebサーバおよびブラウザで対応してるため、広く使われている。
盗聴や改竄を防ぐために、後にDigest認証というユーザ名とパスワードをMD5でハッシュ化して送る方法が考えられた。

一極集中することの危険性
主システムに障害が発生すると、機能全体が止まってしまう。銀行などのオンラインシステムでは、依然として一極型の集中処理が管理上で都合が良いため続けられているが、データセンター内では複数のサーバでミラーリングするなど並行処理することで、システムトラブルによる致命的な問題が起こらないようにするなどの対策がとられている。またテロや災害といった問題でデータセンターそのものが全損しても、システム全体が停止しないよう離れた場所にバックアップ用のデータセンターを並列設置するなどといったリスクマネジメント手法もあり、厳密な意味での一極集中型ではなくなってきている
[PR]

by Rhapsodie | 2009-02-28 03:35 | メモ  

<< smtp とりあえず明日 >>